コールドスプレーとエアーサロンパス

コールドスプレーとエアーサロンパス

コールドスプレーとエアーサロンパスはどのように
活用するのが良い?

 

高校野球をやっていて、練習中や試合中に
デッドボールや強打で打撲などの一時的な
怪我を負ってしまったときに役立つコールドスプレーと
エアーサロンパスに私も幾度となく助けてもらいました。

 

まずコールドスプレーは、怪我をした部分にスプレーを
吹きつけることで一時の間痛みを軽減、麻痺させてくれます。

 

試合中に怪我をした場合には、コールドスプレーで
痛みを和らげてその後のプレーを続行するためには
最適な処置と言えます。

 

そして、怪我をした箇所のケアに役立つのが
エアーサロンパスでした。

 

コールドスプレーには持続性がないので、しばらく経つと
増してくる痛みの回復、炎症を抑えるために
エアーサロンパスを吹きつけて負傷した箇所の回復を待ちました。

 

私は現役時代、怪我をした箇所には必ず、
コールドスプレーとエアーサロンパスを使って
怪我の回復をしていました。

 

この2つがなかったら私は学生のとき、怪我で
野球ができていなかったかもしれません。

 

そのくらい私にとって必需品でした。

 

学生時代、野球をしていて怪我の多かった私を
救ってくれた医薬品とのエピソードです。

 

筋トレのこんなところが嫌い、やめたくなる!

 

筋トレをしていてまず嫌なのはどうしても汗をかいて
ベタベタしてしまうことです。

 

夏場は特にたくさんの汗をかき、腕や太ももや背中など不快なべたつきがあります。

 

また制汗剤を使っていても汗臭くなってしまいジムの帰り道や電車に乗っている時など周りに臭いと思われないか気になってしまうのです。

 

その他、トレーニングウェアを洗濯するのが面倒です。

 

通勤に使う服と一緒に洗濯機に入れると汗のにおいが付着しそうなのでトレーニングウェアだけで洗うのですが一段と面倒くさいです。

 

また私はダンベルやバーベルをトレーニングメニューに取り込んでいるのですが、ハンドルというか持ち手のところがカネ臭いというか金属のにおいがして気になってしまいます。

 

もしかすると他の人と一緒に使っていて雑菌が繁殖していないか気になってしまいます。

 

それも筋トレの嫌なところです。みんなでジムを使っている以上当たり前のことなのですが・・・。

 

また筋トレをするとなんとなく筋肉で他人を見てしまうというか、他人の筋肉や脂肪に目がいってしまうのも嫌です。