プロテインの効果と飲み方

プロテインの効果的な飲み方とは!?筋肉への効果は凄い?

コチラではプロテインの効果や飲み方などを
紹介しています。

 

よろしければ参考にしてくださいね。

 

プロテインとは、日本語でたんぱく質を意味します。

 

たんぱく質は、人間の体を形成している素の栄養素で
筋肉も皮膚も髪も血管もたんぱく質でできています。

 

ですから、たんぱく質をいっぱい摂らないと筋トレをせっかく行っても
筋肉を修復することができないので、筋肉を大きくすることができません。

 

また、ダイエットを行った時にたんぱく質が不足していると、
筋肉が溶けて基礎代謝が落ちてしまいます。

 

基礎代謝が落ちると、元の食事に戻すとリバウンドしてしまうのです。

 

ダイエットして、髪がパサパサになったり、肌が荒れるなどの
現象もたんぱく質が不足したことによるものです。

 

プロテインの効果的な摂り方についてご案内しますので、
参考にして下さい。

 

何故プロテインがいいのか

普段の食事で、カップ麺などで簡単に済ませていると、
たんぱく質をしっかり補給することができませんのが、プロテインを
摂取してたんぱく質不足を補うことができます。

 

たんぱく質は、体の中に蓄えていくことができないので、筋トレで
筋肉を増やしたい人は、3〜5時間おきにプロテインを
摂取することをお勧めします。

 

3〜5時間おきに、たんぱく質を多く含む毎回肉や
魚などを食べるのは大変ですが、プロテインであれば
手軽摂ることができます。

 

いつプロテインを飲むべきか

プロテインは、トレーニング後すぐに飲むことが大切です。

 

何故なら、トレーニング後、体がダメージを受けている時というは、
非常に吸収力がよくなっているからです。

 

吸収しやすい時に、プロテインを摂取することで、
筋肉が付きやすくなるのです。

 

ですから、トレーニング後30分以内にプロテインを摂取すると
効率よく筋力アップすることができます。

 

同じトレーニングをしても、プロテインを飲むのと飲まないのとでは、
大きく異なってきます。

 

プロテインの重要性

プロテインの重要性を理解していないと、筋肉を
大きくすることはできません。

 

1回の摂取量は、30〜50gが目安となります。

 

30gのプロテインを食事から摂ろうとすると、鶏の胸肉だと1枚、
ステーキだと200g、卵の白身だと10個分とかなりの量となります。

 

こういった量を最低5時間に1回食べるのは、難しいことです。

 

それに、食事だけでプロテインを補おうとすると、脂質を
多く取り過ぎてしまうことになります。

 

経済的にもプロテインを使った方が、トレーニングを
続けやすいということになります。

 

筋肉を大きくしたい場合は、1日に5〜8回はプロテインを
摂るのが理想です。

 

プロテインなら回数を多くしても無理なく摂取することができます。

 

トレーニングをしない日でも

筋肉を大きくするためには、常にたんぱく質を摂ることに対して、
貪欲にならなければいけません。

 

よく、トレーニングをしない日はプロテインを飲まなくてもいいと
思っている人がいますが、これは間違いです。

 

トレーニングするしないに関係なく、必要に応じて
飲むことが大切です。

 

目的や体質に合わせる

プロテインは、大豆製のものや、牛乳のホエイからできている
ホエイプロテインなどがあります。

 

ホエイプロテインを摂取して、お腹が緩くなる場合は、
大豆製のプロテインがお勧めです。

 

筋肥大が目的な人は、動物性のプロテインの方が効率的に
筋力をアップさせることができます。

 

逆に、体を絞りたい場合は、植物性プロテインを
選んだ方がよいとされています。

 

また、就寝前や食間は、できるだけ長く血中アミノ酸濃度を
長く一定に保つという意味で、吸収の遅い植物性プロテインが
有効です。

 

プロテインと糖

プロテインを飲む時は、スポーツドリンクや牛乳など、プロテインに
糖を組み合わせて、エネルギーの補給を行います。

 

糖は、筋肉の成長にも重要になってきますので、
水で割って飲むよりも効果的です。

 

また、野菜や果物をスムージーにしたものにプロテインを
ミックスすることで、より吸収と分解がサポートされます。

 

プロテイン,効果,飲み方
プロテインは筋力をつけたいと思っている人に
人気があります。

 

ただ、プロテインは飲み過ぎてしまうと体重が増加
してしまうというデメリットがあります。

 

そのような特徴が気になるため、私は
筋肉サプリのランキングから体に必要な
栄養素を摂るようにしています。