山を歩くという運動

最近初めて行った『山を歩く』という私の運動

最近初めて行った『山を歩く』という私の運動。

 

私は常日頃からタフな身体を目標に筋トレや
毎日の運動を行っています。

 

ただ最近、そんな運動に対してずっと
考えていたことがありました。

 

それは「今の運動では物足りない感じがする。」
「何か今行っているジョギング・ウォーキングに
プラスして出来ることはないか?」などです。

 

毎日同じメニューの運動を継続して行うことは
間違いないと理解しているのですが、どうしても
新しいことにもチャレンジしたい願望が湧いたのです。

 

そんなとき一ヶ月に二回ほど会う、同じくスポーツを
している知人から「高尾山なんかの山は気軽に
登れるし歩くのに良いよ」と教えてもらいました。

 

今まで都下の川沿いを走る程度しかしてこなかった
私にとって『山を歩く』というのが、何だか
高いハードルにも感じました。

 

ただ話を聞いていますと、綺麗な自然が見えるし
登山とは違うから本当に自分のペースでやれば良い、
とのことでした。

 

そして私、恐る恐るではありましたが「物は試し」と、
先日のお休みに実際に高尾山へ行ってみました。

 

結果から言いますと、本当に気軽に登れましたし、
年配の方でも歩いていたりと、自分向きな
運動場所だと確信しました。

 

何より今までの運動とは一味違う、綺麗な空気や
景色に爽快な気分を味わえたのです。

 

それに普段より運動量は多いはずなのに
「これは楽しい!また歩きに来よう。」と、
清々しい気持ちになれたのです。

 

下半身を鍛えることで自ずと筋肉がつきやすくなる、
と聞いたこともありますし、今後もトライしていきたいと
思います。

 

そんな感じで、世の中には
『やらないと分からない楽しさ』がまだまだあると
改めて感じた、私の運動や筋トレに関するお話でした。

 

因みにですが、翌日も翌々日も
筋肉痛などにはなりませんでした。以上です。

 

運動や筋トレはやればいいってものじゃない

 

運動や筋トレというものは
ただ単にやればいいというものではなく
食事や健康状態、その日の体調に合わせてやるものです。

 

なにより大事なのは、継続することです。

 

よくCMなどで「継続は力なり!」
などと良く言われています
「はいはい、結局まとめてやっても一緒だろ、今日はたくさんやるから
明日は別にやらなくてもいいんだよ」

 

これは典型的な三日坊主です
筋トレを始めて少し効果を体感すると
達成感と、それなりの欲を満たしたことでやめてしまいます。

 

本人も気づかぬレベルに、優先順位が
下がってしまいます。

 

そもそも、運動をせざるを得ない状況がある人は
筋トレをあまりしないんです。

 

(大会出場などをする人を除いて)
なので、運動なんて基本しないという一般的な人間が
ちょっとした出来心で筋トレというものに手を出すものじゃないんですね。

 

日常の時間がある時に筋トレをはじめるのはいいですが
日常のどこかを削って筋トレ、というのはダメです。

 

絶対に続きません。

 

ただの時間の無駄遣いになる事でしょう。

 

筋トレを続けたい!という意欲のある方は
筋トレを続けざるを得ない状況を作り出しましょう。

 

じゃないとただの時間の無駄遣いになってしまいますよ?