ランニングはペース

ランニングはペースを守るのが大事?

ランニングはペースを守るのが大事です。

 

あなたはどう思いますか?

 

私は高校時代は運動部で頑張っていましたが、
引退してからはあまり体を鍛えたりしていません。

 

そうなってくると心配になってくるのが、
体の肥満化です。

 

鍛えないくせに飲み食いだけはまるで
現役当時のようにやってると、どうしても太ってきます。

 

そうなってくると渋々ダイエットとして始めるのが、
私の場合はランニングなのです。

 

ジムに行ってランニングマシンを使うのも
いいかもしれませんが、私はどうしても景色が
変わらないのが苦痛なので、基本的に外に
走りに行きます。

 

減量が目的のランニングであれば、そんなに
速くなくてもいいので、一定のペースで時間も
距離も長く走るのが大事だと思います。

 

そう思いはするんですが、外を走ると他の人の目が
ありますよね。

 

すると、私はネガティブな部分があって、デブが
必死にダイエットしてる、とか思われてそうで
嫌だなって思ってしまいます。

 

まあ実際にはその通りなんですけども。

 

それはさておき、そういう時私はついつい
走るペースを上げてしまいます。

 

そうしたら、体の大きい運動部員がトレーニングを
頑張ってる、という風にポジティブに思われるんじゃないかと、
ついつい見栄を張ってしまうのです。

 

結果、ペースが乱れて、思ってたより
走れなくなったりするのです。

 

外でランニングする場合、人の目があって、ついつい
走るペース等で見栄を張りたくなるのはたぶん
私だけじゃないと思います。

 

でも、それでペースを乱すと、本来の目的が
達成できなくなったりします。

 

ですので、もしも同じような場面になったときは、
この失敗談を思い出して、自分を上手く
コントロールしていただきたいと思います。

 

子供の頃から運動に親しませれば・・・

 

運動に良いイメージがない人もいますし運動と
聞くと良いことしか思い浮かばない人もいます。

 

子供の頃どんな運動をしていたか、そこでどんな
思いをしたかによってそれぞれ運動に対する
思いは違います。

 

だから親になったら子供が好きな運動を
子供にさせてあげることが大事です。

 

子供時代に運動嫌いになった子供が大人に
なってから運動を好きになるのは稀でしょう?

 

だいたい子供時代に運動が苦手になったり
スポーツテストでいつも成績が悪かった人は
大人になってからも運動が嫌いなままです。

 

子供にどんな運動をさせたらいいのか
悩んでいる親はたくさんいると思いますが、
まず子供自身にどんな運動をしたいのか
そしてやりたくない運動は何なのかを理由も
含めてきちんと聞くことです。

 

ダンスを習いたいというなら理由も聞いて
習わせてみましょう。

 

クラシックバレエを習いたいというなら体験だけでも
レッスンを受けさせてみましょう。

 

子供のうちから運動を好きにさせれば良いのです。